HOME> 製品情報> 印刷機材・他 > 廃水脱色処理装置


廃水脱色処理装置 KMS−G型

ツイン型ATタイプ

廃水脱色処理装置のKMS−G型は、水性インキ・水性ニス廃液を確実・簡単・経済的に脱色処理する事が可能です。 この装置はバッチ式凝集沈殿脱水方式・落下式薬剤注入ですので処理ミスも抑えられ、 エアによる攪拌を採用している事から電力消費も抑えることが可能です。         

特徴

● 経済的 ・・・ 複雑な自動装置を省いていますので、低コスト・ロングライフです。
● 簡 単 ・・・ 取扱いが簡単ですので故障の心配が、ほぼございません
● 確 実 ・・・ 廃水濃度の問題や薬品切れなどによる煩わしさが減少します。
● 適応性 ・・・ さまざまな条件に合わせたシステム設計が可能になっています。

上に戻る

仕 様

タンク容量 設置面積
単位:o
使用電力
AC200V
500L×2
W4000×L2000×3800H
約2kw
1,000L×2
W4500×L2000×4000H
約2kw
2,000L×2
W5000×L2500×4000H
約3kw
5,000L×2
W6000×L3000×4500H
約4.5kw
8,000L×2
W8000×L4500×5000H
約5kw
10,000L×2
W8000×L5500×5500H
約5kw

上に戻る

装置設備についての注意

  • 廃液処理に際しましては最適なシステムをお届けする為に、各種測定・実験が必要です。
  • 廃液処理装置で分離後、フロックを回収する為に、フィルタープレスが必要です。
  • 廃液の程度や自治体の規制によりまして2次処理設備が必要になります。

上に戻る